AWSナビ

AWS認定試験対策を中心にAWS(アマゾンウェブサービス)関連情報を発信します

AWS認定クラウドプラクティショナー

🔽 勉強方法🔽 練習問題

試験概要

 クラウドプラクティショナー試験は、AWSクラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できる個人が対象です。他の AWS認定(ソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOpsアドミニストレーターなど)で扱われる特定の技術的役割からは独立しています。

試験範囲

 クラウドプラクティショナー試験の出題内容と比率は次の通りです。

  1. クラウドの概念 [出題比率:28%]
    1. AWSクラウドとその価値命題を定義する
    2. クラウド経済学の特定
    3. さまざまなアーキテクチャの設計をリストアップする
  2. セキュリティ [出題比率:24%]
    1. AWS共有責任モデルの定義
    2. AWSクラウドのセキュリティとコンプライアンスの概念を定義する
    3. AWSアクセス管理機能を特定する
    4. セキュリティサポートのためのリソースの特定
  3. テクノロジー [出題比率:36%]
    1. AWSクラウドへの導入方法と運用方法の定義
    2. AWSグローバルインフラストラクチャを定義する
    3. コアとサービスの特定
    4. 技術リソースの特定
  4. 課金と価格設定 [出題比率:12%]
    1. AWSのさまざまな価格設定モデルを比較して比較する
    2. AWS請求および価格設定に関するさまざまな勘定構造を認識する
    3. 課金サポートに利用可能なリソースを特定する

推奨知識

AWS知識

 受験者は、テクノロジー、マネジメント、販売、購買、またはファイナンスの分野で最低6か月のAWSクラウド使用経験があることが推奨されます。

一般的なIT知識

 受験者には、ITサービスの基本的な知識と、AWSクラウドプラットフォームにおけるそれらのサービスの使用に関する知識があることが求められます。

試験情報

受験料

 100 USD

試験時間

 90 分

出題形式

 多肢選択式(複数回答の場合もあり)

出題数

 65 問

 

 

勉強方法

AWS推奨ステップ

トレーニング
試験ガイド&サンプル問題

 試験で取り上げられる概念を確認して、学習する必要のある分野についての要覧を入手してください。また、AWS認定クラウドプラクティショナー試験ガイドを確認してください。

ホワイトペーパー

 AWS チーム、独立したアナリスト、およびAWSパートナーが執筆したホワイトペーパーを読んで、技術的な理解を深めてください。

模擬試験

 時間制限のあるオンライン環境で知識をテストします。開始するには、こちらのページから申し込みます。

練習問題

  1. AWS共有責任モデルに基づくAWSの責任は?
  2. AWSが従来のデータセンターよりも経済的なのはなぜ?
  3. 企業がAWS内で仮想ネットワークを作成できるサービスは?
  4. AWSインフラストラクチャ上での禁止事項はどこで確認できる?
  5. CloudWatchのアラームに基づいてアラートを送信するサービスは?
  6. API呼び出しを行ったユーザーを識別できるサービスは?
  7. CloudFrontが低レイテンシ配信のために利用するインフラコンポーネントは?
  8. マネジメントコンソールにログインする際のセキュリティ階層を追加するには?
  9. AWS環境向けのソフトウェア購入を行えるサービスは?
  10. AWSへのデータベース移行を簡単にするサービスは?